土地への投資

日本は、長期不況からようやく抜けだそうとしています。
求人倍率を見ても、人手不足の環境を見ても、ちょうど高度経済成長期のような活気を取り戻そうとしています。
そんな時期の投資は、どうあるべきなのでしょうか。

デフレの時期の投資は、それこそ一番安全なのは「円」そのまま持っておくことでした。
その理由は、円高が進んでいて、なおかつ物価が安くなっているので、円を持っておいたほうが購買力が上がるのです。
また、株式投資はリスクが高いのですが、一定して円高であればFXなどの外貨取引も有効だったでしょう。

しかし、今日本はデフレーションからインフレーションに突入しようとしています。
インフレの時期は、物価が上がるので、こういった時期の投資は物への投資が有効です。
したがって、土地をすでに持っているのなら、駐車場経営が良いでしょう。土地をそのまま持っておくよりも、立地によっては駐車場経営が良いのです。
駐車場経営といっても、色んな種類の駐車場がありますが、中でもオススメなのが立体駐車場です。

立体駐車場とは、その名の通り複数段に分かれている駐車場です。
立体におけるので、単位面積あたりの収容できる車の数が優れています。立体駐車場は、都市圏に多く見られます。
駐車場経営を考えるのなら、立体駐車場を考慮してみると良いでしょう。

話題のサイト

demonoid.com